観光コース

  • 水墨画体験と佐賀関街道峠越えコース
  • 大友氏 府内南蛮文化コース
  • 坂本龍馬、勝海舟も駆け抜けた佐賀関・肥後街道
  • 歴史探訪コース
  • 歩いてまわる大分市中心街コース
  • 上野の森と美術館散策コース
  • 西大分と高崎山・うみたまごコース
  • 戸次の町並みとショッピング・スポーツ観戦
  • 山の恵を感じる今市石畳コース

歴史探訪コース

 その昔、豊後(大分)の中心地として栄えた上野元町周辺を懐古しながら散策してみよう。
元町石仏の周囲には田園風景が広がり野を渡る風もさわやかで、四季折々の変化も楽しめます。リフレッシュコースとしてもおすすめ!
 また、地元の人と歩くと見えない景色に出会えます。大分市の観光ボランティアガイドをご利用下さい。

元町石仏

 凝灰岩の岩壁に立体の石仏が半肉彫りされている。中尊の薬師坐像の高さが約3メートルで[別名岩薬師]、[元町薬師]ともよばれている。平安末期(12世紀)の作と推定されるが、奈良時代、百済の僧日羅の作とする伝えもある。

徒歩約10分(自転車で約5分)

大友氏館跡(国指定文化財)

 県指定の磨崖仏。大分元町石仏と対を成し、平安時代後期の作といわれる十七体の磨崖仏。当時、宇佐神宮の領地であった一帯の仏教美術と信仰の厚さが窺える。

徒歩約5分(自転車で約3分)

円寿寺

 境内地約5,000平方メートル、堂宇は、本堂、庫裏、山門、鐘楼、大師堂などを備えている。寺宝には、県指定有形文化財の紙本著色 図六曲屏風と絹本著色柿本人麿図がある。

徒歩約15分(自転車で約8分)

弥栄神社

 創建は宝亀2年(771)、光仁天皇が建立したと伝えられています。建久年間(1190-99)に疫病が流行し、大友能直が京都祇園社から分霊して社を再興しました。

徒歩約5分(自転車で約3分)

金剛宝戒寺

 高野山真言宗の寺。神亀4年(727)僧行基が聖武天皇の勅命により、荏隈郷(市内古国府)に一宇を建立した。これが当時の開基とされている。
徳治2年(1307)、大友氏六代真宗が奈良西大寺の幸尊を請じて、中興開山とし、寺基を今の大分市街の南、上野台に移した。

徒歩約10分(自転車で約5分)

大友氏館跡

 上野の丘陵の北側にあり、中世府内町を眺望できる位置に築造されている。こちらの大友館は顕徳町にある大友館とは異なり、現在も一部に巨大な堀跡、土塁が遺存し、防備にたけた戦国の館という姿様を今に伝えている。

徒歩約10分(自転車で約5分)

大臣塚

 元町石仏より北に約300メートル、県立芸術文化短期大学の東側崖地に大臣塚といわれる前方後円墳があります。現在前方部は防災工事のためほとんど失われているが、50メートルはあったと思われる後円部は完全に残っています。

徒歩約10分(自転車で約5分)

まこもヶ池

 百合若大臣の伝説が残る池。平安時代、万寿姫という娘が、豊後国司 百合若〔ゆりわか〕大臣の妃の身代わりになって沈められたという伝説の池(跡地)。

徒歩約20分(自転車で約8分)

大友宗麟公像

 キリシタン大名として知られる大友宗麟は、フランシスコ・ザビエルを招いてキリスト教に帰依し、少年使節団をローマ教皇に派遣しました。また、西洋の文物を積極的に取り入れた街づくりを行い、当時の大分は、日本における西洋文化の発信地としてめざましい発展をとげました。
 宗麟像はこのほか南蛮貿易場として知られ「神宮寺浦公園」「南蛮BVNGO交流館」「コンパルホール(ロビー)」に銅像が設置されています。

観光ボランティアガイド

 観光ボランティアガイドをご利用下さい。地元の人と歩くと、見えない景色に出会えます。

時間 1時間~4時間程度(9時~17時の間)
費用 無料(ガイドの入場料。交通費等は依頼者の実費負担)
予約 1週間前までにご予約下さい。
問合せ・申込先

〒870-8504 大分市荷揚町2-31
大分市商工労働観光部 観光課
電話番号097-537-7043 FAX番号097-538-5670