万寿寺

閲覧数12652回
所在地

大分県大分市金池町5丁目4-2

料金

無料

駐車場

エリア名

大分市中心街

ジャンル

【歴史・史跡・神社】神社・仏閣

お問合せ

097-532-5330

アクセス

【徒歩】JR大分駅より約15分
【バス】JR大分駅前③のりばから大分バスで約5分、「顕徳町」バス停下車、徒歩5分

臨済宗妙心寺派の寺院で、本尊は釈迦三尊像です。

徳治元年(1306)5代大友貞親〔さだちか〕が博多(福岡市)の承天寺の僧直翁智侃禅師を
開山に請じて諸堂を建立しました。
これが開基とされ、当時禅寺五山十刹の一つに数えられて寺運は隆盛したといわれています。

天正14年(1586)、島津氏の兵火に焼かれ、一時廃寺となっていましたが、江戸時代初期の
寛永10年(1633)に僧丹山が、府内城主竹中重義の援助を受けて現在地に再興しました。

広々とした境内には本堂・庫裡・仏殿・禅堂・経蔵・観音堂・山門などが立ち並んでいます。
境内には市指定有形文化財の国東塔が建てられています。

万寿寺は伝説の勇者百合若大臣の創建ともいわれ、これにまつわる民話が残っています。
野生サルで有名な高崎山に別院があります。

地図

周辺検索

近くのスポット