曲石仏

閲覧数5760回
所在地

大分県大分市大字曲

料金

無料

エリア名

大分市中心街

ジャンル

【歴史・史跡・神社】歴史/史跡・遺跡・石仏・資料

お問合せ

大分市文化財課
097-537-5639

アクセス

【バス】JR大分駅前③のりば「曲 滝尾循環」行「上村入口」下車 徒歩約3分
【車】JR大分駅から約20分

曲石仏は、森岡小学校門前にある市の揚水場から幅30センチ程の林の中にある道を約70メートルほど下ると小さな広場があり、ここの南面の石窟の中にあります。

石仏は、向かって左の石窟は阿弥陀三尊像で、中尊は上品上生印(じょうぼんじょうしょういん)を結び鱗型四段葺の蓮華座の上に坐し、向かって右が観音菩薩、左が勢至菩薩像で、平安時代の終わりから鎌倉時代初期の制作とみられます。

右の大きな石窟は、釈迦堂といわれ、右壁面に多聞天、左壁面に持国天像が彫られ、鎌倉時代の制作とされています。

石窟内の石仏は、室町時代の造像と考えられている釈迦像が鎮座しています。
県指定史跡となっています。

地図

周辺検索

近くのスポット