瀧廉太郎終焉の地(瀧廉太郎君像)

閲覧数10527回
所在地

大分県大分市大手町遊歩公園

料金

無料

利用可能時間

いつでも見学可

エリア名

大分市中心街

ジャンル

【芸術・文化】彫刻・銅像

お問合せ

大分市役所 観光課
097-537-5626

アクセス

【徒歩】JR大分駅府内中央口(北口)から約15分
【バス】JR大分駅府内中央口(北口)から大分交通・大分バス共通 約6分、県庁前下車。バス停から徒歩約3分(時刻表検索

彫刻家 朝倉文夫による1950年の作品、同年10月設置。

 「荒城の月」などを作曲した瀧廉太郎は、ドイツ留学から帰国したのち、父の故郷である大分市稲荷町(現在の大手町2丁目)で療養していました。明治36年(1903)6月29日、自宅にて23歳の若さで亡くなりました。

朝倉は竹田高等小学校で、瀧の3年後輩であり、銅像の背面下部に朝倉文夫自筆の瀧廉太郎との関わりを書いた文が刻まれています。 

地図

周辺検索

近くのスポット