本文へ

観光スポット

SPOT

丸山神社

閲覧数 : 49 回
肥後熊本城主の加藤清正が、慶長15年(西暦1610年)に参勤交代の安全を祈願して菅原道真を祀る天満社を創建したのが丸山神社の始まりです。

日光東照宮の門を模した楼門、別名「日暮しの門」には、十二支の動物や二十四孝の人物人物彫刻が刻まれています。
楼門は三間一戸入母屋造(享保5年)です。

野津原ボランティア協議会では、丸山神社を含む町歩きプログラムを開催しています。
閲覧数 : 49 回
所在地
大分県
大分市大字今市2568
アクセス
【バス】JR大分駅府内中央口(北口)⑤のりば今市行約75分、上町下車、徒歩約5分
営業時間
いつでも見学可
定休日
なし

この場所が含まれるモデルコース

観光スポット一覧ページへ

NEARBY ATTRACTIONS

周辺のスポット