本文へ

観光スポット

SPOT
毛利空桑の墓

毛利空桑の墓

閲覧数 : 19 回
毛利空桑は名を倹、字を慎甫(しんぽ)、通称到といい、空桑と号しました。

寛政9年(1797)1月15日肥後藩医毛利太玄の第二子として、大分郡高田郷常行(現在の鶴崎常行)に生まれました。

14歳で脇蘭室に入門し、27歳の時に福岡の亀井昭陽に学びました。28歳で郷里に帰り、家屋を建て居宅を三畏館、塾を知来館と称しました。

吉田松陰や、斉藤監物などが来訪し、空桑に意見を求めたといいます。

文学と武術の教鞭をとり、多くの青少年に日本の形勢を説き、明治17年12月22日88歳で没しました。

県指定史跡となっています。
閲覧数 : 19 回
所在地
大分県
大分市常行
アクセス
【バス】JR大分駅⑥のりば「丸亀」「高田小学校」行。「常行」下車(約35分)。徒歩約1分。
観光スポット一覧ページへ

NEARBY ATTRACTIONS

周辺のスポット