本文へ

観光スポット

SPOT
キリシタン殉教記念公園

キリシタン殉教記念公園

閲覧数 : 74 回
日本庭園風の優雅な公園内には殉教記念碑と説明板が建てられ、豊後国におけるキリシタン殉教の歴史を教えてくれる。

かつて、府内の地は国主大友宗麟が保護したため、キリスト教が目覚しく繁栄したところである。

それだけに、ひとたび禁教の嵐が吹きすさんでは、その被害も大きく県下いたる所に尊い殉教の血が流された。

わけてもこの葛木の付近一帯では、寛文年間(1661~1673)を中心に、84歳老翁から14歳の少女まで、およそ200人のいたましい殉教者を出した。

その崇高な信仰の跡を偲び、霊を慰めるため、昭和45年6月に記念公園としてつくられました。
閲覧数 : 74 回
所在地
大分県
大分市大字葛木
326
アクセス
【バス】JR大分駅府内中央口(北口)③のりば「森町(鶴崎)」「宮河内ハイランド」行 (約20分)。殉教公園前下車。徒歩約2歩分。
お問合せ
大分県 商工観光労働部 観光局観光政策課
097-506-2112
駐車場
有(無料)
観光スポット一覧ページへ

NEARBY ATTRACTIONS

周辺のスポット