おおいた暮らし

行列のできる中華料理店・発!大分の絶品 ニラブタニラチャン
大分市内(高松)にある中華料理店「王府」で生まれた創作料理「ニラブタ」と「ニラチャン」。昭和46年創業、地元人気店の看板メニューの美味しさのヒミツをご紹介します。
絶品グルメのルーツを知る!王府のご主人糸永さんインタビュー|王府 糸永日佐志さん「安くて美味しい、誰もが楽しめるものを提供するだけ」という、まっすぐ温厚なオーナシェフ。
『8坪のカウンターだけの小さな店が、ニラブタのおかげで今では数倍の大きさに
ご主人が、中華料理でも地域の方々に親しんでもらいたいという思いから、大分の特産品を使ったものを創作。好きな家庭料理の上位である“すきやき”の醤油ベースによる、独自な味わいが特徴の逸品が完成しました。「砂糖と醤油の甘辛の味がバランス良く調和した日本人がしっくりくる味わいが自慢です」とご主人。安い価格にこだわり、大分のにらと豚を採用し、味・ボリューム・リーズナブルな価格すべてが揃った鉄板メニューが誕生したのが昭和46年(1971年)でした。食べ応えがあり、ビールとも相性バツグンのため、学生にも大人にも大好評に。その後、ごはんに合うなら、麺にも合うのではということで「ニラチャン」を考案。具がたくさん乗ったラーメンをイメージし、大量のにらを乗せた一品が登場しました。二品とも、今では「王府」の代名詞となっています。
『ニラの美味しさを極め、圧倒的な指示を誇る一皿がここに』創業以来、長く愛されている理由は、なにより“うまい”その味わいから。「シナシナのにらにならないようにするのが大事。にらの食感の良さは、強火とスピード感から生まれるんです」とご主人がいわれるとおり、確かなプロの技により、にらと豚の風味が口のなかにふわっと広がり、甘辛い味が残る絶品が出来上がります。同じレシピでも、家庭では再現できない料理だからこそ、やみつきになるのもうなずけるというもの。とくに、ランチは平日・休日構わず大賑わいで、来店者の7割以上が『ニラブタ』もしくは『ニラチャン』を注文されるそう。ニラの使用量は、多い時だと1日300把もあり、にらの消費量が膨大なことから、大分市農業協同組合(現:大分県農業協同組合大分事業部)から感謝状をもらったこともあるようです。
みんなで一緒に和気あいあいと、円卓を囲みながら楽しく食事するのがおすすめの王府が誇る絶品メニュー!
ニラブタ:具は、にらと豚肉とキャベツのみ。最初はまかないご飯だったものから、ご飯によく合うことからグランドメニューへ昇格!(税込730円) ニラチャン:具沢山のラーメンから着想したメニュー。やや太めの中華麺の上に大分名産「ニラ」をたっぷり。ふわっとした温泉卵も絶品。(税込730円)
大分にら:ビタミン類やミネラルを豊富に含み、栄養価が高い「にら」。大分市では、年間を通じて栽培されており、日本有数のにらの産地となっています。葉の色が濃く、幅がほどよく広く肉厚なものが“良いにら”の証で、にらの品質に関わる土づくりや除草に力を入れてつくっています。
【店舗情報】王府(ワンフ)住所:大分市高松東1丁目-3-1 電話:097-558-3044 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00(L.O.21:30)定休日:火曜日※駐車場:40台あり