おおいた暮らし

ゆるり 風景写んぽ 今、お散歩しながら写真を楽しむ「お写んぽ」が、写真好きのあいだで密かなブームに。まち歩きが楽しくなってくる季節、大分市内にある川辺や公園、工場エリアなど身近な景色を求め出かけ、気ままにケータイで写真を撮れば新しい発見がたくさん!お気に入りの写真はSNSにアップして、みんなで楽しく盛り上がりましょう。
心惹かれるフォトスポットがマンサ、大野川沿いをふらり。大分市鶴崎にあり、別府湾に注ぐ大野川。全長107kmで大分県最長の川です。大野川沿いを散策すると、春の花木と川を横断する電車を眺めることのできる「日豊本線大野川鉄橋」、マリンな遊具が可愛らしい「鶴崎スポーツパーク」、神秘的な風景に魅了される「大在工場夜景」を見ることができました。
PHOTO SPOT MAP
日豊本線大野川鉄橋
電車と風景が織りなす風情が旅情感を誘う 昭和48年に完成した「日豊本線大野川鉄橋」は、見ためのとおり“さんかく橋”とも呼ばれているトラス構造による橋。そこへ行き交う電車との風景が素敵で、春は、堤防沿いに咲く桜や橋の下に映り込む菜の花などを一緒に撮ると、その風情が与える旅情感が絶妙な写真になります。 地図はこちら
鶴崎スポーツパーク
かわいい遊具がフォトジェニックなスポット 乙津川と大野川のあいだにある公園「鶴崎スポーツパーク」は、大型の船をイメージした遊具が名物。昔この辺りで活躍していた肥後藩の御用船を参考に作られたものだそうで、この他にも写真映えする可愛いデザインのものもたくさんあり、探しまわりながら撮影するのが面白い所。 地図はこちら
大在工場夜景
幻想的な風景が近未来映画のワンシーンのよう 大在エリアは、別府湾に面した工場地帯。とくに青崎からみた夜景がとても美しく、川越しに見えるにぎやかな光の群れが魅力的な夜景として知られています。日没直前の夕景も、また違った印象でおすすめ。一度見たら忘れられないロマンチックなスポットです。 地図はこちら