観光コース

  • 水墨画体験と佐賀関街道峠越えコース
  • 大友氏 府内南蛮文化コース
  • 坂本龍馬、勝海舟も駆け抜けた佐賀関・肥後街道
  • 歴史探訪コース
  • 歩いてまわる大分市中心街コース
  • 上野の森と美術館散策コース
  • 西大分と高崎山・うみたまごコース
  • 戸次の町並みとショッピング・スポーツ観戦
  • 山の恵を感じる今市石畳コース

歩いてまわる大分市中心街コース

 大分の街は、世界的建築家「磯崎新」氏の設計による建築物が点在し、日本を代表する彫刻家たちのブロンズ像は、公園や、街角にたたずんでいます。さぁ、大分の街を歩いてみよう。
 また、観光ボランティアガイドと歩くと、大分の知られざる魅力にも出会えます。ただ歩くだけでは見えない歴史や文化にも触れることができます。ぜひ観光ボランティアガイドをご利用下さい。

アートプラザ

 大分市出身の世界的建築家である磯崎新氏の初期の代表作といえる建物で、3階には「磯崎新建築展示室」があります。

約1分

府内城跡

 府内城は、西暦1600年頃、石田三成の妹婿福原直高12万石の居城として築かれました。天守閣のあった本丸周辺の水堀は埋められ、現在は、大分城址公園として利用されています。この公園の北西側の松栄神社は、かつて府内城の山里丸があった場所です。山里丸は、茶の湯や能、月見など諸芸能を行う特別な場所で、府内城ができた前後に築城された大坂城や姫路城などの一部の著名な城しか見られません。山里丸を備えていたことは、府内城が、古式の風格をもった貴重な史跡であることを示します。

約5分

遊歩公園の彫刻群

 戦後、市の復興計画の一環として、昭和26年に整備された縦長の350メートルに亘る遊歩公園には、数々の南蛮文化のかおる彫刻が設置され市民に広く親しまれています。

約5分

大分銀行赤レンガ館

 明治時代に建てられ、今も使われている貴重な建築物。東京駅や日本銀行の設計で知られる辰野金吾氏が手がけました。

観光ボランティアガイド

 観光ボランティアガイドをご利用下さい。地元の人と歩くと、1人では見えない景色に出会えます。

時間 1時間~4時間程度(9時~17時の間)
費用 無料(ガイドの入場料。交通費等は依頼者の実費負担)
予約 1週間前までにご予約下さい。
問合せ・申込先

〒870-8504 大分市荷揚町2-31
大分市商工労働観光部 観光課
電話番号097-537-7043 FAX番号097-538-5670