西洋演劇発祥記念碑(遊歩公園彫刻群)

閲覧数1952回
所在地

大分県大分市大手町(遊歩公園)

料金

無料

駐車場

エリア名

大分市中心街

ジャンル

【芸術・文化】彫刻・銅像

アクセス

【徒歩】JR大分駅府内中央口(北口)から約15分
【バス】JR大分駅府内中央口(北口)から大分交通・大分バス共通 約6分、県庁前下車。バス停から徒歩約1分(時刻表検索

彫刻家 舟越保武による1949年の作品で、1974年設置。

永禄3年(1560)のクリスマス、豊後府内(大分市)のキリスト教会で、信者によって「アダムの堕落と贖罪〔しょくざい〕の希望」、「ソロモンの裁判を願った二人の婦人」などの西洋劇が、日本で最初に演じられました。

以来、府内教会ではクリスマスや復活祭に、聖書にもとづく数々の宗教劇が演じられるようになりました。

地図

周辺検索

近くのスポット