食べる

郷土料理

大分に来たらこれを食べよう!
大分の家庭の、ほっとする味・一流の味

 ヘルシーでやさしい味の“だんご汁”は外国でも好評を博しました。その“だんご汁”を始め、“りゅうきゅう”や“やせうま”“吉野鶏めし”はどれも大分市民が慣れ親しんだ味です。市内の和食処や郷土料理店で味わうことができます。

だんご汁

 大分に古くから伝わる郷土料理。何度もこねて細長く伸ばしただんごとネギ、ニンジン、ゴボウなどの具がたっぷり入った味噌味の汁物。
猪肉を使ったものを「宗麟汁」、ふぐのだしを使ったものを「長者汁」、地鶏をいれたものを「吉野汁」という。

とり天

 昭和37年大分市内の食堂から誕生した“とり天(鶏の天ぷら)”は、大分家庭料理の定番として親しまれ、今では大分の郷土料理の代表格です。
酢醤油と“からし”で食べる熱々の“とり天”はクセになる味です。

りゅうきゅう(琉球)

 大分でとれた新鮮な魚(ブリやさばなど)の刺身を醤油や生姜・ゴマを入れた漬け汁に浸し、しばらく置いたもの。酒の肴にも、また熱々のご飯に載せてりゅ うきゅう丼や、お茶をさっと掛けてりゅうきゅう茶漬けにしても美味。名前の由来は諸説ありますが、沖縄(琉球)から伝わったという説や、千利休に由来する という説などが有力と言われています。

やせうま

 平安時代、八瀬という乳母が幼君のおやつとして小麦粉をこね細長く伸ばし茹でただんごに、きな粉をまぶして食べさせたのが“やせうま”の始まり。“やせ、うまうま(八瀬、あの旨いものが食べたい)”と幼君がねだった言葉がそのまま“やせうま”という名前になったと言われています。夏場は冷やしてたべると一段と美味。

吉野鶏めし

 もともと農家や猟師の家の家庭料理とされ、地域により味付けや材料が変わります。一般的には、鶏肉とごぼうだけを細かく切り、甘辛く煮付け米と合わせます。二つだけという潔い材料の味が引き立ち、ついつい手が伸びてしまう家庭の味です。

詳細へ

関あじ・関さば

 関あじ関さばが獲れる佐賀関は、大分市の突端の岬、瀬戸内海に面した小さな地区です。そこで獲れた全てのアジやサバが関ものになるわけではありません。 関あじ関さばは、「速吸の瀬戸」と呼ばれる、瀬戸内海に怒涛のように黒潮が流れ込んでくる一画の中でも極めて潮の流れが早い海域に生息しており、海底の瀬に舞い上がる豊富な餌を食べ、回遊魚の中では珍しく棲家をもつ瀬付き魚となります。 撒餌などは一切使用せず、佐賀関漁師伝統の一本釣りで獲れたアジやサバの身は荒波にもまれ引き締まっており、更に漁協内の生簀で泳がせることで釣り上げた時の強張った身をほぐしてから初めて『関あじ関さば』として出荷されます。

このページの先頭へ