イベント紹介

  • 大分ふぐフェスタ
  • 大分ふぐフェスタ(ふぐランチ)
  • ななせの火群まつり
  • 大分七夕まつり
  • 本場鶴崎踊大会

ななせの火群まつりイメージ

 「ななせの火群まつり」は、毎年7月の最後の土日に、七瀬川自然公園にて開催される祭りです。
 「火、水、歴史、故郷」をメインテーマに、五穀豊穣と疫病の退散を願って稙田地域で昔から行われていた「柱松(はしらまつ)」、「万灯籠(まんどうろう)」を中心として、平成12年にスタートしました。
 高さ12mにもなる柱松(はしらまつ)の先端には麦藁(むぎわら)・松葉(まつば)・葦(あし)・花火などで造られた束を取り付けられ、松明を投げ上げ、先端部が燃え上がり花火が打ち上がるまでの時間を各地区のチームが競い合います。
 七瀬川両岸には2キロに渡って万灯籠の炎が続き、暗闇には松明の弧が幾筋も見え、美しい、勇壮な祭りです。

柱松(はしらまつ)



高さ12mの柱の先端に、麦藁(むぎわら)・松葉(まつば)・葦(あし)・花火などで造られた束を取り付けたもの。競技開始の号令とともに、柱松へ松明(たいまつ)を投げ上げ、先端部が燃え上がり花火が打ち上がるまでの時間を競います。

振り万灯籠(ふりまんどうろう)

 風を切る炎の音が暗闇に響き渡る振り万灯籠(ふりまんどうろう)。
 火のついた万灯籠を頭より上にあげて振り回し、練り歩きます。炎の熱気や飛び散る火の粉が、前列で見ている観客にまで飛んでくるほどの迫力です。
  毎年、この火の粉を浴びるのを楽しみに前列に並ぶ人も多くいます。

その他のイベント

 神楽や太鼓ステージなどの他、公園内に流れる七瀬川で魚のつかみどりなど、市民が楽しめるイベントが用意されています。

一覧へ戻る写真集を見る詳細

このページの先頭へ